「不登校」の子どもに対する支援方法は? 学ぶための選択肢や適切な接し方とは | 不登校.INFO 適応指導教室とフリースクール情報

「不登校」の子どもに対する支援方法は? 学ぶための選択肢や適切な接し方とは

文部科学省がおこなった「不登校」に関する調査によると、平成30年度の不登校児童・生徒の割合は、小学校が144人に1人、中学校では27人に1人となっており、その数は増加傾向にあるようです。

不登校になる理由はさまざまですが、もし不登校になった場合、十分な学習ができないことも気になります。 子どもの気持ちは大切にしたい、けれど先が見えなくて将来がとても不安……そんな保護者のかたは多いはずです。今回は不登校の子どもたちに対する支援・選択肢や、適切な接し方などをご紹介します。

今、不登校へのサポートはどんどん広がっています。お子さまやご家庭に合った選択肢を、広い視点で考えるためのきっかけになれば幸いです。

https://benesse.jp/kosodate/202010/20201009-4.html