「死にたいと思うくらい、ツラい」という人へ

日本の自殺者数は、統計的には減少傾向とはいえ、未だに年間2万人超が自殺で亡くなっています。自殺対策の相談窓口などは増加していますが、まだまだ課題があるのも現状です。

「死にたい、と思うくらい辛い気持ち」のことを、私たちは「心理的危機状態」と呼びます。心理的危機状態に陥った時、自殺や攻撃以外の出口を、短時間で見つけることも重要となります。

自殺の試みを減らすためには、公的機関や医療機関を中心に、様々な取り組みがなされています。最近は、LINEなどを使ったアプローチも広がっていますし、電話の無料相談などもあります。

「死にたいと思うくらい、ツラい」という人へ|荻上チキ|note
毎年3月は、自殺対策強化月間です。この度、NPO法人ストップいじめ!ナビの無料コンテンツとして、「心理的危機対応プラン:PCOP(ピーコップ)」をリリースしました。 死にたい、と思うくらいつらい気持ちを支えるための情報 | ストップいじめ!ナビ「死にたい、と思うくらい辛い気持ち」のことを、私たちは「心理的危機...
タイトルとURLをコピーしました